1QQ2

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男が書くブログ。

ニュージーランドのストリートアーティストをご紹介!!!

どうも、マーディー(@rym_nz)です。



ニュージーランドでの旅行といえば、みなさん大自然を思い浮かべますよね?本当にその通りで、ニュージーランドの大自然は素晴らしいです。南島の自然が素晴らしいと言われる中で、僕は残念ながらまだ行けていないのですが、北島で見れる自然も十分にものすごいんです。


しかしながら、ニュージーランドには素晴らしいストリートアートもたくさんあるんですね。


そして、来週から僕は、仕事仲間であり友達であるYoshi(@Yoshi_travels)の通訳者/お手伝いとして、STREET ARTSがタウランガで開催するイベント、Street Prints Mauao 2017に参加します。


そこで、今回は3人のニュージーランドのストリートアーティストを、Yoshiの作品と共にご紹介!

ニュージーランドのストリートアーティスト

Cinzah

f:id:ryomiyunz:20170831164230j:plain
Photo by Yoshi


Cinzah Seekayem

C I N Z Ā H (@mrcinzah) • Instagram photos and videos

Cinzah Merkensは、ニュージーランドのネイピアをベースとした、アーティスト、イベントプロデューサー、館長、そして二児の父親でもある。

Cinzahは、環境に影響され、そして環境のために作品を作っており、それらを通して、彼の環境問題に対する思いを力強い色、動き、そしてバランスを使って表現している。彼の作品は、人間、自然、二元性、神話、物語の関係性をテーマにしている。

Bio — Cinzah Seekayemより引用


f:id:ryomiyunz:20170831164220j:plain
Photo by Yoshi

Dside

f:id:ryomiyunz:20170907144243j:plain
Photo by Yoshi


Dside

⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀Dside (@_dside) • Instagram photos and videos

Dsideは、口数の少ない男だ。ただ、描き始めたら、それが奴の言いたいこと。

「無駄に魚釣りすぎんなよ!」たぶん、言いたいことの1つはこれだ。

「政治家なんて、こびへつらったバカ野郎だ。」たぶん、これもそのうちの1つ。

ペンキがあれば、誰も言葉なんかいらないだろ?そんなもん、首相にでも投げつけとけ。

_dsideより引用・翻訳



f:id:ryomiyunz:20170907144339j:plain
Photo by Yoshi

Aaron Glasson

f:id:ryomiyunz:20170907170908j:plain
Photo by Yoshi


Aaron Glasson

Aaron Glasson (@aaronglasson) • Instagram photos and videos

アーティストであり、ディレクターであるアーロン・グラッサン。ニュージーランド生まれで、現在はアメリカ在住。

彼のポートフォリオには、彼の気持ちがこもった壁画、絵画、イラスト、映画など様々なモノがある。彼の作品は、私たち人間と自然環境、コミュニティーと教育現場の活性化、固有の知識、潜在意識、そして目には見えないものをテーマを冒険するようなものである。


f:id:ryomiyunz:20171204182811j:plain
Photo by Yoshi



自然ばかり(羊も)が有名な、ニュージーランド。

しかし、街を歩けば、このような素晴らしいストリートアートに出会うことがあります。自然を歩くのも、最高に楽しいニュージーランドですが、街中を歩いて、ストリートアートを楽しむのも面白いです。


日本では、まだまだ、落書きの一部として捉えられているストリートアートですが、多くのアーティストは、それぞれのテーマをもとに作品を通して、環境保護を訴えたりなどしています。日本にもストリートアーティストがいて、日本でのストリートアートに関する法律の規制緩和に動いています。


近い将来、日本の街の中に溶け込むストリートアートが見れる日を楽しみにしています。



今回、写真を提供してくれたYoshiはアートを中心にいろんな映像や画像を撮っているので興味がある方は彼のサイトをのぞいて見てください。


yoshitravel.jp



冒頭で紹介した、Street Prints Mauao 2017のイベントの行われるタウランガや、アート作品に溢れるネイピアやウェリントンに行かれる際には、無料で借りれるレンタカーで行くことをオススメします!

www.mardy.fun